〜あこがれの結婚生活〜

結婚し、子供も授かり

憧れていた夢は全て叶った

はずだったのに。。。

毎日がどうしてこんなに苦しいの?

​〜成功までのストーリー 結婚編〜

vol1

彼と出会った後は、現実が加速化し、

あっという間に結婚しました。

そして、1年後に子供を授かりました。

嬉しくて嬉しくて、

「もう私が欲しいの望んだものは全て手にした!」

そう思いました。

しかし、子育ては簡単には行きませんでした。

生後すぐから湿疹が出て、それがそのまま

重度のアトピー性皮膚炎になりました。

​薬を飲ませるわけには行かないので、

塗り薬を頻繁に付けるけれども、痒さで塗ったそばからぬぐってしまう。。。

赤ちゃんの薄い皮膚はすぐに剥けて、顔も身体も

​火傷の後のようになっていました。

塗り薬を拭ってしまっては効かないので、

子供を抱き、掻かないように両手を持って、

眠れない日が何日も続きました。

「こんな辛い身体に産んでごめんね。。。」

「私がアレルギー体質だから。。。」

​泣きながら自分を責めました。

病院通いを続け、子供が2才くらいになると、

アトピーは落ち着いて来ました。

ホッするもつかの間でした。

下の子の出産と同時に、

上の子が今度は喘息の発作を起こして

入院したのです。

私の出産と喘息の入院、ほぼ同時でしたが、

病院が違うため、息子の入院中に

私は会いに行くことが出来ませんでした。

私自身、産後の肥立ちが悪く、すぐに退院出来なかった

のです。

待ちわびた退院。

そして、赤ちゃんと共に

「これで家族全員に会える!」

そう思って家に帰りました。

​続く

赤ちゃんのいる家に、おばあちゃんと帰って来た

2才の息子は、家の玄関で私に

「ぼく、おばあちゃんの家に帰るね。」

​そう言いました。

止めどなく涙が溢れ、

すぐに息子を抱きしめに行きましたが、

息子は頑なでした。

母親なのに、、、

子供が苦しい時、悲しい時、寂しい時

何一つ出来なかった。。。

そんな思いが自分を責めました。

同時に、息子の凍りついたような心を感じ、

悲しくもありました。

そこから、喘息の息子と、次男の子育てに

奮闘しましたが、息子はとても可愛いと思うのに、

なぜか子育てが楽しいとは思えませんでした。

区の方からは、

「助産師さんに育児相談に来て下さい。」

とか、「訪問もあります。」

IMG_5762.PNG

~愛と希望のヒーリング&スクール~

​   ピュアセルフ 東京|熊野前

​PURE SELF

ソーシャル

  • Black Facebook Icon
  • Instagram Social Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now